FC2ブログ
男と女は、愛無くしては、ひと時たりとも生きてはいけない。男と女は、かくも悲しい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すてきな老人
 最近すてきな老人に出会った。アメリカ人の男性で、60歳をちょっとばかり過ぎているが、見た目もハートもとても若々しい。私自身は間違ってもゲイではないので、性的な思いは持っていないのでくれぐれも誤解しないでほしい。ただ、日本人の同年代の男性にないソフトさやフランクさ、ユーモアのセンスを感じられてとても魅力的だ。日本人にはない感性に惹かれる。特に日本人には男性も女性もユーモアのセンスがないのが欠けていると思う。ハラスメントのないジョークを言っても、身構えられるから疲れる。冗談とジョークはイコールではないのだが、どうもそこら辺が日本人には理解しがたい感覚のようだ。彼とはこれからもいい関係でいたいと思う。お互いにとあるサークルで知り合った仲だが、家に閉じこもらないで外に出ると、いろいろな出会いがあるから人生は楽しい。

 話は変わるが、映画『ハート・オブ・ウーマン(原題 what woman want)』のヘレン・ハントとメル・ギブスンはよかった。中古DVDを買った。繰り返し見ているが、ヘレン・ハントがメル・ギブスンに向かって「サッチ ア ナイスガイ」と言う声にはしびれる。なんであんなにいいのか分からないが心に深く残るから不思議だ。ただ、リチャード・ギアと共演した『Dr.Tと女たち』では、最後にヘレンがギアを振ってしまう。個人的にハッピーエンドになってほしかたので、ギアを振ったハントにはわだかまりが残る。とはいうものの、しょせんは映画の話なのでどうでもいいことなのだが、映画が終わってもここまで引っかかるのはやはり自分の心の深いところに何か未解決の問題や心の傷があるのだ、ということを再確認させられた。

 ところでジムニーだが、幌がびりびりに破けているので、この梅雨の時期には乗れない多分完全にバッテリーがあがっていることだろう。どうしよう。困った。誰かいい知恵ありませんか?
スポンサーサイト

テーマ:スズキジムニー - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。