FC2ブログ
男と女は、愛無くしては、ひと時たりとも生きてはいけない。男と女は、かくも悲しい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハリー・ポッター
最近ハリー・ポッターにはまっている。最初映画館で観たときは、予告のわりにたいしたことないなあ、という感想で、それ以来遠ざかっていた。だが、ここにきて急に観たくなって、DVDを借りて第4作まで観た。第一作は映画館で観ていたので、第二作目から観た。家でゆっくりと繰り返してみると、これはこれでなかなか味わいのある作品だ、と思った。最近は大人の楽しむ映画ばかり観ていたので、子どもも楽しめる映画ということで今ひとつだったのだが、じっくり見てみるとこれがなかかなどうして思春期の男の子と女の子の感情表現というか、恋愛感情の本人も意識しない感情のストレートな表現が、とても印象的だった。ハーマイオニーのロンやハリーに対する接し方が心に痛い。この頃の男の子の感情表現は、恥ずかしがってうまく伝えられないし、自分自身の感情にも女の子の感情にも鈍感だ。ようは未成熟なのだろう。それに比べると女の子の感情の発達早く、ストレートだし度胸がある。そんな女の子の前では男の子はなんとも情けなくもみっともない。ハーマイオニーを見ていると、女の子は自分の感情に突き動かされて行動してしまうように見える。妻は昔から言っていた、「女は子宮でものを考えるのよ」と。きっとそうなんだろうな。これじゃあ子宮のない男は何をどうがんばっても女の子にかないっこない。その点男の子はからっきし度胸がない。「どうして女の子って群れたがるんだろうな? これじゃダンスに誘えないよ」というロンの言葉が胸に刺さる。男の子は1対1じゃないと勝負が出来ない。2対1になるとからっきし度胸がなくなり、女の子に対して分が悪くなる。
 私も思い出す。高校1年生の春休み彼女になる前の妻を呼び出した。いや、誘い出した。もちろん「つきあって欲しい」と言うために。だが、こともあろうに彼女の親友が一人ついてきた。そして、お目付役のように鋭い目をしてうさんくさそうにこっちを見ながら終始彼女にくっついているのだ。哀れ私はとうとう自分の気持ちを切り出せずに哀れタイムアップ。彼女はエレクトーンを習いに行く時間だからと帰って行った。この話は後日談があるのだが今日はここまで。
スポンサーサイト

テーマ:スズキジムニー - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/08/08(水) 10:40:28 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。