FC2ブログ
男と女は、愛無くしては、ひと時たりとも生きてはいけない。男と女は、かくも悲しい。
治るということ
「治るかといわれれば治るとはなんぞや、ということになるわけで、そもそも線引きがむつかしい。人は生まれてきたこと自体がもう病気みたいなものであって、完全治癒ということになれば、生まれてこないかあるいはあの世に行ってからということになりましょうか。治ればよし、治らんでもまあええやんというスタンスでやってきたわけですが」
禅問答のごとくそれでいてなんだかうなずいてしまうのが河合流であった。
婦人公論 9/7 P180より
スポンサーサイト



テーマ:スズキジムニー - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック